So-net無料ブログ作成
検索選択
虹色の本棚。 ブログトップ

霧のむこうのふしぎな町 [虹色の本棚。]

この本は、私が読書好きになった、きっかけの1冊。
初めて読んだのは、小学生のとき。図書館で借りたっけ。

小学校図書室が大好きで、入学してからよく行ってた。
その話を、親は先生から聞いたらしく
小学生の間ずっと、クリスマスプレゼントは本だった[たらーっ(汗)]

霧のむこうのふしぎな町 新装版 (講談社文庫) 2011-08-18~1.jpeg


大人になって懐かしくて、文庫で買って何度も読み返してます。
この本も、オズシリーズ同様に、カバーが気に入ってます。

「千と千尋の神隠し」のモデルになったって話題になりましたね。 
確かに、ピコットばあさんは、湯婆婆に似てるかも・・特に髪型が!
(この文章を書いたときには、以前の挿絵では絶版とのこと、知りませんでした。)

この本に出てくる、お店は、ホントにあればイイのにって何度も思ったなぁ[グッド(上向き矢印)]
住人たちは、みんな実在していそうな親近感あるし
子供の頃に読んだ本に、今でも素直に感動できちゃう私です。

そうそう、『みょうが』ばかり食べてる仙人が忘れっぽい[あせあせ(飛び散る汗)]とか、
さるすべりの花がピンクだとか、この本から知ったことだったっけ。

懐かしくて、また読みたくなりました。

実は、いつでも手に取れるように飾ってあるんです[るんるん]
何より、表紙カバーの絵が気に入ってるのもありますけれどね[わーい(嬉しい顔)]

ここから、追記です。

私のお気に入りの挿絵は、竹川功三郎さんが描かれたものです。
千と千尋の・・が原因となって、竹川さんの挿絵の本は絶版になったのだそう・・

竹川さんの作品は、サイトで見ることが出来ます。
ぜひ、[サーチ(調べる)]検索してみてください。
リンクしてよいものか・・悩んだので、遠慮しました。

初版本の挿絵も作中のものまで掲載してあります[ひらめき]



2011-08-19 20:01  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

オズの魔法使いシリーズは全14巻! [虹色の本棚。]

虹色の本棚は、私の読書歴です。別のブログにしてましたが・・
まとめた方が管理しやすくて、更新もできそうなので
新しくカテゴリを増やしました。

先日、復刊の記事を書いたばかりだけど
この記事は、削除できないので追記して投稿してます♪

オズの魔法使い (ハヤカワ文庫 NV (81))
虹色の本棚。私の読書歴の記事として
まず最初の1冊に、何を選ぶか・・迷うこともなく決めてました。
赤毛のアンのシリーズには、ハマることなく
私は、オズシリーズに夢中になりました。

誰もが知ってる、オズの魔法使いに続きがあるなんて[るんるん]
1冊ずつ増えていくのが嬉しくて嬉しくて
書店に行くのが楽しみで仕方なかったものでした。

手元にあるのは、11冊+2冊。

o55.jpeg

プラスの2冊は、ドラマでいうところのスピンオフ的作品なので
また、あらためて紹介することにしますが・・

カンザスの少女ドロシーと、かかし、ブリキの木こりに、臆病なライオン
だれもが知ってる主人公たちの物語が誕生したのは
1900年の出版とのことです。

今でも読まれてるって、ほんとにスゴイことですよね!

私が、この作品の虜になったのは、カバーの魅力も大きいんです。
今、書店にあるものでなく、このハヤカワ文庫のカバーなんですよね!
手元の文庫を開いてみたら・・新井苑子さんが描かれたものです。

実は、04年のことですが復刊ドットコムっていうのに参加しました。
これは、復刊してほしいっていう投票が100票集まると
実現に向かうっていうサイトです。

残念ながら、今は活動されている様子がないのですが
投票は今でも集まっていて、ほんとに多くの人が読んでるんだな
知ってるんだなぁって嬉しく思えてしまいます。

Wickidの影響もあるかもしれないし、
アメリカのドラマに引用されることもあるし
(深夜放送の、『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』でサラとジョンも読んでた。)

最後の3冊も、いつか読んでみたいけど
いつか・・って楽しみにいているのもイイかもしれないって思いもあります。
私にとっては、オズの国の物語は永遠に続くって思いたいから。

[次項有]復刊ドットコムについて
↑以前に作ったサイトのリンクです。

オズの魔法使いシリーズは、復刊が決まりました[グッド(上向き矢印)]
8月11日に記事にしています[るんるん]

[次項有]http://envision.blog.so-net.ne.jp/2011-08-11


2011-08-17 19:51  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

web本棚で読書歴。 [虹色の本棚。]

虹色の本棚は、セブンアンドワイの[みんなの書店]でした。
セブンアンドワイが、変わってしまって新サービスのクチコミになっちゃって
そのまま引き継ぐことが出来なかったので
ココで本の記録と紹介をしていこうと思います。

絶版とか古書でしか買えない本も多いと思うけど
私の大好きな本たちを、忘れないでいたいので。

ココは、私のお気に入りの本棚。
それが、虹色の本棚です。

別のブログにしようと、このソネブロでブログを追加してみたけれど
なかなか更新することが出来なくて、放置しちゃってたから
結局、まとめることにしました。

読書歴として、書いていこうと思います。
web本棚にも登録してたので、コレ本が増えて楽しそう♪


2011-08-16 22:46  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

虹色の本棚。 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。